写真でみる日本国内の家族旅行情報

那須高原アカルパオートキャンプ場

撮影日  2009.8.15
■地域別家族旅行
■レジャー・お出かけ
■温泉旅行
■自然を楽しむ旅行
■歴史と風俗を楽しむ旅行

    


交通アクセス
栃木県那須郡那須町高久丙2993-1
東北自動車道那須ICより県道17号那須街道を那須湯元方面へ右折、広谷地交差点を右折、池田交差点をまず左折、200m進んですぐ右折
HP  那須アカルパオートキャンプ場
 那須アカルパオートキャンプ場の公式HP


電話番号 0287-77-1640
料金 区画サイト・・・・・・・・・・・・・・¥4,000
電源サイト・・・・・・・・・・・・・・¥5,000
ディキャンプ・・・・・・・・・・・・¥1,000
入場料(中学生以上1人)・・・・¥500
   (3歳〜小学生1人)・・・・・¥300
その他は公式HP参照
 アカルパキャンプ場は、那須高原にあるため夏でも比較的涼しく、キャンプ場内は林に囲まれたキャンプ場です。キャンプ場内には渓流のような小川が流れています。林の木陰と小川のせせらぎがとても気持ちのいいキャンプ場です。この小川は釣り堀になっていて、お金を払って魚釣りができます。この釣り堀は女性や子どもに大人気で、下の写真でも分かる通り、たくさんのキャンパーが釣りを楽しんでいます。

 アカルパキャンプ場内には、先ほどの釣り堀とは別に白戸川が流れていて、そこで本格的な釣りや水遊びができます。川の近くの木陰にはベンチもあり、親御さんはそこで座りながら子どもたちの水遊びを見守れます。川には沢ガニがいました。

 キャンプ場内には、他にもホタル池やジャブジャブ池もあります。また、夏はカブトムシやクワガタなどもキャンプ場のまわりでとれます。管理棟ではこれらカブトムシなどを販売しています。

 アカルパキャンプ場は愛犬も連れて来れるキャンプ場としても有名です。柵で囲われた7,000uの大きなドッグランがあり、小さなすべり台のような犬を訓練するものがいくつかあります。飼い主は中にベンチがあるので、そこでくつろぎながら見守れます。このドッグランは宿泊者であれば無料で使えます

 アカルパキャンプ場は一年中オープンしていて、利用日の3ヵ月前から予約の受け付けをしています。お盆やゴールデンウィークなどは混雑しますので早めに予約しておくとよいでしょう。今回お盆に行きましたが、4日前に電話した時は残りわずかと言われて予約しました。当日聞いてみたら、やはり全部うまっていました。

 アカルパキャンプ場のキャンプサイトは木陰が多く、小さな玉砂利敷きで、ペグが刺さりやすくテントの設営が楽にできます。テントとタープが余裕で張れて、サイトごとに駐車スペースがありますので、キャンピングカーで来ても広さ的に問題はありません。

 また、全サイトにカマドがあります。キャンプサイトは電源つきのサイトが20サイト、電源なしのサイトが60サイトあります。また、バンガローやコテージなどが合計15棟あります。管理棟には売店もあり、木炭や薪などのキャンプ用品や飲み物や食料などが販売されています。

 お風呂は沸かしのお風呂があり、大人300円、子ども200円で24時間入ることができます。洗い場は4っつくらいだったような気がします。湯船は4人が入れるくらいで、ちょっと狭かったと思います。コインランドリーもお風呂の隣にあります。トイレは水洗で3ヶ所あります。

 アカルパキャンプ場では、ジェルキャンドル体験教室というものがあります。事前予約が必要で一日2回開催して1,500円です。プルプルしたジェル状のロウソク作りと、それを入れるガラス細工の体験教室です。

 アカルパキャンプ場は那須高原にありますので、那須観光目的の拠点としてもいいし、自然を満喫するキャンパーにも最適です。温泉に入りたくなったらホテルフロラシオンが車で5分、鹿の湯が15kmの距離にあります。その他、那須ハイランドパークなどたくさんの那須観光施設へすぐアクセスできます。

 アカルパキャンプ場は、このような立地の良さと自然の多さ、雰囲気などが多くのキャンパーに支持され、那須高原の中でも人気のキャンプ場です。



キャンプ場に入口から見た景色 左写真のキャンプ場入口から見た右手には、白戸川からアカルパキャンプ場内に引き込んだ小川があり、そこは釣堀になっています。イワナやニジマスが釣れます。料金は竿エサ付きで200円、釣った魚は100g250円で買い取りです。釣った魚はわたぬき100円、塩焼きで250円です。川沿いには散歩道があり、木陰の下にはベンチもあります。
先ほどの釣り堀の小川を右手に見て進むとホタル池があります。初夏の頃はホタルが見えるのでしょうか。 左写真のホタル池を過ぎると管理棟があります。まずはここで受付をしましょう。 左写真の管理棟のウッドデッキの右側では、釣った魚を250円で炭で焼くところがあります。
管理棟の目の前の写真です。写真左手の建物がお風呂、真ん中がコテージ、右が炊事場です。 キャンプ場内の釣り堀の小川ではなく、キャンプ場に沿って流れる白戸川です。この川で水遊びができます。写真の通り浅いので小さいお子さんでも大丈夫です。また、右の道の奥の木陰にはベンチが並んでいますので大人はここで子どもを見守れます。 木陰が多くて静かなキャンプ場です。
バンガローが並んでいるところです。 カントリーハウスという名で、こんなバンガローもあります。 アカルパキャンプ場にはドッグランがあります。宿泊者は無料で利用できます。
空いてるスペースでビーチバレー キャンプサイトは一つの区画が広く、しかもすぐ横に車が余裕でとめられます。それに地面は細かい玉砂利敷きのためテント設営も楽だし、テント内でマットを敷けば寝る時に痛くありません。 キャンプ場内の小川の釣堀で水遊びをする子供たち
この日はキャンプの定番であるカレーだったため、飯ごうでご飯を炊きました。各キャンプサイトにかまど用の大きな石がありました。 キャンプの一番の楽しみは夕食ですね。 キャンプの夜の楽しみはなんといっても花火でしょう。打ち上げ花火以外でしたら自分のサイトでできます。
トップページへ