■レジャー・お出かけ
 遊園地・公園・テーマ館
 牧場・動物園
 海水浴場・プール
 キャンプ・バーベキュー
 鉄道・船・乗り物
 イベント・観戦・体験・飲食
 スキー・スケート
 
その他レジャー・お出かけ
■温泉旅行
 源泉・温泉・温泉街
 温泉宿・日帰り温泉施設
■自然を楽しむ旅行
 花・紅葉
 山・大地・海・湖沼
 滝・渓谷・橋
■歴史と風俗を楽しむ旅行
 歴史的名所・史跡
 宿場・歴史的町並み
 風俗・特色・名産



    


交通(アクセス)
静岡県熱海市梅園町1169-1  地図
熱海駅より伊東線利用約3分→JR来宮駅下車→徒歩約10分または熱海駅から梅園・相の原団地方面行きバスにて約15分梅園下車
東名高速道路利用→厚木IC→小田原・厚木道路→小田原→国道135号
駐車場(8:30〜16:30)/梅園前(普通乗用車 平日600円、土日祝日800円)
HP 熱海梅園梅まつり あたみニュース(熱海観光協会)(開花情報)
電話番号 0557-85-2222(熱海市観光協会)
料金(入園料) 入園無料
 熱海の梅園は「日本一の早咲きの梅」として全国的に有名な梅園です。毎年11月下旬から12月上旬に第一号の梅の花が咲きはじめます。熱海梅園は熱海市街地から見ると、郊外の来宮駅の山の方にあります。

 熱海梅園の歴史は古く、明治19年(1886)から梅園として整備されて現在に至っています。熱海梅園は初川沿いの傾斜地にあり、梅の木が64品種約730本植栽されています。

 園内は梅だけではなく色んな樹木が植えられています。特に、もみじが多く秋にはもみじ祭りが開催されます。そのため、梅の花が一面という感じの梅園ではなかったです。その点では、偕楽園や越生梅園、筑波山の梅園などの方が見ごたえがあります。

 熱海梅園では、早咲き・中咲き・遅咲きがバランスよくあるため、1月中旬頃に1分咲きで、2月は3分から7分で、3月上旬頃が一番見ごろでしょうか。ちなみに、ここに掲載した写真は3月4日でほとんどが咲いているように見えました。

 この頃に合わせた1月中旬頃から3月上旬まで比較的長い期間梅祭りが開催されています。期間中の毎週日曜日や祝日は、特設舞台で熱海囃子笛伶会や熱海芸妓連演芸など様々なイベントが開催されています。

 熱海梅園は有名な割にはそれほど交通渋滞もなく、駐車場待ちの車が少し並んでいただけでした。熱海梅園の渋滞よりも、2月中旬頃から3月上旬頃に見ごろになる河津桜目当ての渋滞の方がひどかったくらいです。

 ちなみに、駐車場は海側から行くと、梅園入り口交差点手前左手の傾斜地に一ヶ所と、交差点を右折して梅園側に入った右側の川沿いの両側に駐車場があります。

 熱海梅園では入り口右手に本部があり、その付近には地元売店や食事処や露天商が並んでいます。これらのお店は、おもに梅園の傾斜地を登る右手中腹あたりまで並んでいて、梅茶、梅ようかんなどご当地の名産が売られています。

 熱海梅園には梅以外にも、有料の澤田政廣記念美術館や無料で見学できる中山晋平記念館があり、これらの見学もできます。特に中山晋平記念館は、2階のベランダからの眺めが格別にいいですのでぜひ見学してみてください。

 また、梅園の一番上には足湯があり、梅を見ながら足湯に入れて中々風情があります。その隣のちょっと坂を下ったところには、平成12年9月の森首相と韓国の金大中大統領が日韓首脳会談を熱海で行った際に、熱海梅園を訪れ、日韓友好を深めたことを記念して朝鮮時代の伝統様式を取り入れた庭園「韓国庭園」が造られました。

 この庭園も無料で見学できます。韓国式の塀に囲まれた中に韓国の住宅が再現され、床に上がって見学できます。また、澤田政廣記念美術館の下あたりには梅見の滝があって、その滝の裏側に歩道があり滝の裏側から梅園が見えます。

 このように、熱海梅園には梅園以外に足湯や滝があるため人気があるのでしょう。帰りは熱海温泉で温泉に浸かってから帰りましょう。

梅園の交差点で写真右側が梅園です。ピンクの大きくて四角の看板あたりが梅園入り口(下の写真)です。写っていませんが写真左手前にも駐車場があります。 左の写真の右側。写真の川沿いに並んでいるのがお土産屋さんとお食事処です。 左の写真の右側。写真右に見えるのが川沿いの駐車場 熱海梅園入り口
左の写真は梅とスイセン
梅まつりイベント用舞台。 舞台まわりの休憩スペース 舞台の奥には遊歩道のようなものがあります 梅園には梅園五橋があります。
このあたりまで売店がありました。
橋の上から下を見る
ミス熱海?芸妓?すごく化粧が濃かったです。
梅見の滝
梅見の滝の横から
滝の裏側への入り口

右の写真は滝の裏側の内部

滝の裏側から梅園を見る
澤田政廣記念美術館 澤田政廣は熱海出身の文化勲章受章者で彼の作品を展示しています。大人310円、子ども100円。
これを上ると梅園で一番高い所
一番高い所でお湯が出ていました。
左の写真から見下ろした風景 上真ん中の写真を下った所にあります。梅まつり期間限定の足湯です。

韓国庭園
韓国庭園内にある朝鮮時代の建物を再現したもの
韓国庭園から上を見る
中山晋平記念館
記念館の内部 中山晋平は大正時代に活躍した作曲家です。韓国庭園のすぐ隣にあります。入場無料ですので入ってみましょう。 中山晋平記念館の2階 2階からの眺め 熱海梅園近くの観光情報
マリンスパ熱海

MOA美術館

熱海芸妓見番

熱海城

熱海ロープウェイ

熱海秘宝館

来宮神社

熱海遊覧船「ゆーみんアルファ」

熱海港海釣り施設

トップページへ