写真でみる日本国内の家族旅行情報

箱根仙石原すすき野原

撮影日  2009.9.21
■地域別家族旅行
■レジャー・お出かけ
■温泉旅行
■自然を楽しむ旅行
■歴史と風俗を楽しむ旅行

    


箱根仙石原すすき野原の情報とレポート

交通アクセス
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
新宿から小田急線(ロマンスカー)で箱根湯本まで 約90分、箱根湯本駅→箱根登山バス(湖尻・桃源台行き)約30分「仙石高原」バス停下車すぐ または、箱根ロープウェイ桃源台駅から箱根登山バスで「仙石高原」バス停下車すぐ
(東名高速道路) 厚木IC→(小田原厚木線)→小田原西IC→(国道1号線)→(国道138号線)→仙石原交差点を左折し元箱根方面へ道なりに進むと、すすき草原
  駐車場は9月1日〜11月30日まで、すすき草原・観光客用臨時無料駐車場

HP  箱根仙石原すすき草原
 箱根町観光協会の公式HP


電話番号 財団法人箱根町観光協会:0460-85-5700
 箱根仙石原すすき草原は秋の箱根の代表的な観光スポットで、箱根台ヶ岳の裾野に広がるすすきの名所です。一面すすきの原っぱが広がり、黄金色のすすきが一面に見渡せる様はとてもきれいです。春から夏はすすき全体が青い状態です。見ごろは秋で、9月から10月にかけては青いすすきで穂だけが黄金色のため、そのコントラストがとてもきれいです。また11月になると穂を含めたすすき全体が枯れて黄金色一色になります。そのまま翌年3月に雑木林化を防ぐため山焼きをします。

 仙石原のすすき野原に車で行くには駐車場が心配です。すすき野原の遊歩道付近には駐車場がありませんが、約600m離れた所で上の地図で言うと左上の「+」の右側の「ター」のすぐ下あたりにすすき観光客用無料駐車場があります。約30台以上はとめられそうでした。他にも第三駐車場の看板もありました。駐車場から遊歩道入口まで歩いて10分ほどです。途中にそば屋とか茶屋、レストランがありましたので、グルメでも楽しめるスポットです。

 いずれにしても秋に近くに行けば、仙石原すすき観光客用駐車場の看板がありますので、案内通り進みましょう。もし駐車場待ちの列があったとしても、すすき野原の観光時間はせいぜい1時間くらいでしょうから、それほど待たずに入れるでしょう。

 すすき野原を散策するには、すすき野原の真ん中に遊歩道があります。上の地図で言うと「仙石原湿原植物群落」とある下の左右にまっすぐ伸びる白い道が仙石原のススキに囲まれた遊歩道です。この遊歩道のまわり一帯がすべてすすき野原です。

 箱根仙石原すすき野原遊歩道入口は先ほどの上の地図で言うと白い左右に一直線の道と、その左側の黄色の道路(県道75号線)の接点が遊歩道入口です。ここからは舗装されていない土の道です。遊歩道終点まで距離にすると約800mくらいです。幅は5m〜8mくらいでしょうか。

 この遊歩道は上の地図では右に伸びていて、実際は地図内の右上「地図」をクリックして「写真」をクリックすると分かりますが、雑木林で行き止まりです。この地図の航空写真では雑木林の中に道が続いていますが実際は通り抜けできません。

 このように終点には雑木林が立ちふさがって道をふさいでいますが、そこには展望台もなければお店どころか建物すらありません。単なる行き止まりです。そこから振り返って見ても来た道が一直線に見えますが、高台がないのですすき野原全体を見渡せません。でもちょっと戻ると遊歩道に沿って土手のような高台があるので、そこからはすすき野原が一望できます。先ほどの入口から終点まで歩いて15分くらいでしょうか。

 箱根仙石原すすき野原は、外せない秋の箱根の人気ナンバーワン観光スポットです。



箱根仙石原すすき野原の写真

箱根仙石原すすき野原の入口で、写真は県道75号線から撮影したものです。 左の写真を奥に進んだところ。一直線に遊歩道が続いています。 奥に向かう進行方向の右側の山の斜面方向です。
遊歩道奥に向かう進行方向左手の写真。山の斜面がなだらかに下っています。バスが写っているのは県道75号線を走るバスです。 遊歩道ではススキをバックに写真を撮っています。 遊歩道沿いの所々に小高い土手があって、その上から来た道を振り返った写真です。
遊歩道の終点。一直線に続いた遊歩道はここで行き止まりでした。この先は雑木林になっていました。 終点付近から来た道を振り返った写真。箱根仙石原すすき野原全体が見渡せます。
トップページへ