写真でみる日本国内の家族旅行情報

箱根湯本温泉かっぱ天国

撮影日  2009.9.21
■地域別家族旅行
■レジャー・お出かけ
■温泉旅行
■自然を楽しむ旅行
■歴史と風俗を楽しむ旅行

    


交通アクセス
神奈川県足柄下郡箱根町湯本777
小田急線ロマンスカーにて箱根湯本駅から徒歩約3分
東名高速道路厚木IC→小田原厚木道路→箱根口IC→国道1号約3Km
  無料駐車場30台分あり
HP  箱根湯本温泉かっぱ天国
 かっぱ天国の公式HP


電話番号 0460-85-6121
営業日時 10:00〜22:00
料金 露天風呂  大人750円・子ども400円
貸切風呂  45分1,000円(入浴料とは別)
足湯     大人200円・子ども100円
他に宿泊室あり(詳細はHP参照)
 かっぱ天国は箱根湯本温泉にある日帰り温泉施設です。箱根湯本駅のすぐ目の前の崖の上、まさに真上にあります。箱根湯本駅から一番近い温泉施設と言えるでしょう。それでも目立たないのか隠れ家的存在の温泉施設です。

 かっぱ天国への行き方は、箱根湯本駅のロータリーの隣にある線路下をくぐって右を見ると、上り坂の途中の左側崖沿いにあります。入り口の看板は、まるで一昔前のスナックのような黄色いネオンの看板で、そこがかっぱ天国の入口になります。

 かっぱ天国の入口は崖を登る急な階段になっていて、頭上にはちょうちんがぶら下がっています。まるで夏祭りの神社の階段を登っているようです。階段を登って左に曲がると、かっぱ天国の建物入口に通じます。建物は正直言って古い建物で、すべてにおいて古さと汚さが目立ちます。これを良い雰囲気ととらえるか、汚い温泉施設ととらえるかは口コミの中でも意見の別れるところです。私は多少汚いけれどレトロな情緒ある良い温泉施設でおすすめします。

 建物の中に入ると受け付けがあり、料金を払って露店風呂に行きます。露天風呂近くには内風呂はありません。着替えるところは吹さらしの脱衣所と言った感じでしたが、ドライヤーはありました。コインロッカーはありますが100円は戻ってきません。その脱衣所のすぐ隣が露天風呂になっています。露天風呂と言っても下の写真ように壁はありませんが屋根があります。

 洗い場は4つだけで、シャワーが備え付けられていて、シャンプーやボディーソープがあります。湯船の広さは下の写真で分かる通り、大人10人から15人が入るくらいでしょう。湯船のまわりには岩が配されていました。

 露天風呂は加水・加温・消毒一切なし100%源泉かけ流しです。泉質は単純泉、ナトリ塩化物・硫酸塩泉で、効能は神経痛・筋肉痛・切り傷・慢性疲労病・婦人病などです。ぬるめで透明な温泉で、かすかに硫黄臭がします。かっぱ天国はこの温泉だけは、おすすめです。

 また、かっぱ天国には足湯もあります。足湯は大人200円・子ども100円を料金箱に入れて足湯に入るというシステムです。足湯からは箱根湯本駅が見降ろせます。また、かっぱ天国には別棟に内湯の貸切風呂もありカップルや家族で入る際には便利です。45分で1000円です。

 露天風呂を満喫したら無料休憩室があります。部屋の中央に囲炉裏があり、焼き肉用の鉄板付きの座卓が何台か置かれています。カーペット敷きでゴロ寝もできるし、アルコールやソフトドリンク、軽食が注文できます。ここで風呂あがりのんびりできます。

 このかっぱ天国は宿泊もできます。夕食と朝食を付けることもでき、夕食は鉄板焼きで朝食は和食です。料金はHPの通りで格安です。また、夕食を付けずに箱根温泉街で夕食をとるという素泊まりでもいいと思います。かっぱ天国はゴールデンウィークやお盆など宿が取れない時など穴場かもしれません。

 かっぱ天国は箱根湯本温泉の日帰り温泉施設の中で、ランキングの上位ではありませんが、格安だし箱根湯本駅から徒歩約3分という近さのため、箱根ロマンスカーに乗る直前まで箱根湯本温泉を楽しむことができる、箱根温泉の中でも人気の日帰り温泉です。



箱根湯本駅ロータリー横の高架下をくぐって坂道を見上げた所の写真です。先の左側にかっぱ天国はあります。 左写真の坂を登った所から右側を見下ろすと箱根駅が見えます。 一番左写真の坂を登った所の写真で、この建物がかっぱ天国です。
右上写真の黄色い看板の所がこの写真です。この黄色い看板の真下をくぐって階段を登って行きます。 左写真の建物と建物の間を登って抜けると写真の神社のような階段になります。 休憩室は中央に囲炉裏があります。まわりはカーペットでごろ寝ができます。ここではビールや飲み物、冷や奴、もろきゅう、温泉卵もありました。
写真のように露天風呂と言っても屋根があり、写真左の方の壁が無い状態です。写真手前側に脱衣所があります。 箱根湯本駅のロータリーから見上げたかっぱ天国
トップページへ