写真でみる日本国内の家族旅行情報

大宮公園の桜まつり

撮影日  2009.4.3
■地域別家族旅行
■レジャー・お出かけ
■温泉旅行
■自然を楽しむ旅行
■歴史と風俗を楽しむ旅行

    


交通アクセス
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4(大宮公園事務所)
埼玉県HPを参照
HP 大宮公園事務所
公式HPです。

電話番号 048-641-6391
料金 駐車場無料
 大宮公園は、さいたま市内にある公園で園内と隣接したところには、大宮競輪場・県立歴史と民俗の博物館・大宮県営球場・NACK5スタジオ(大宮アルディージャのサッカーグラウンド)・大宮公園体育館・氷川神社など様々な施設があります。そのため、常に来園者が多い公園としても有名です。

 大宮公園内には約1,200本の桜が植えられています。大宮公園の桜は古い桜のため、太くて高い位置に桜が咲いて、桜と松が混在して植えられているのが特徴です。桜の開花時期である3月下旬から4月上旬にかけては、公園内で桜まつりが開催されます。

 この開花時期は、埼玉県でも屈指の桜の数のため、県内各地から大勢の花見客でにぎわいます。桜が植えられている場所は、右の案内図の自由広場と博物館横の細長い池の周りと博物館隣の埼玉百年の森などです。

 特に、花見客で賑わうのは自由広場で、ここには多くの露天商が店を並べ、多くの花見客がレジャーシートを広げてお弁当を食べています。お昼ごろは奥の方(右図の自由広場下の方)に行かないとシートが広げないくらい混雑します。

 また、この自由広場の隣には児童遊園地と小動物園(右図の中央「現在地」の左)があり、お子さん連れはここで遊ばせたりできます。右案内図の下の方にある細長い池近辺にも桜が多く、この周りでは池を背景にした桜を観賞することができます。

 自由広場のように花見客で混雑しませんので、静かに桜を鑑賞したい方はこちら近辺で花見をするのがお勧めです。埼玉百年の森は奥まった高台にあり、桜の数もそれほど多くはないため花見客はあまり見られません。私が行った時は数家族がシートを広げるのみでした。

 大宮公園への交通アクセスは、東武野田線の大宮公園駅から200mくらい、大宮駅から1.5qくらいでとても便利です。車の場合は、花見の時期は右の案内図にある東駐車場はすぐ満車になってしまいますが、その駐車場の道路の反対側にある大宮第二公園(右案内図の一番上の矢印方向)に車を留められます。

 こちらの駐車場はかなり広く、私が行った時は満開時の土日でしたが、昼過ぎに駐車場に戻った時点で多少空いていましたので大丈夫かもしれません。




大宮第二公園の駐車場

大宮第二公園から大宮公園に渡る陸橋

NACK5スタジオ
結構広くて無料なのがいいですね。 上の図で一番上の矢印の下にある陸橋 左写真の陸橋を渡ると、上の図にもある通りサッカー場と野球場の間を通って進みます。
上の公園案内図の野球場から真ん中の「現在地」に向かうところ 上の案内図の「現在地」付近。 左の写真を進んだところ。上の案内図では「自由広場」と書かれた区画の一番上のとんがった部分です。

右上写真の右手方向

左写真の右手方向

フワフワ
ここら辺が一番桜が多くて花見客も多い場所です。 昼ごろになると、一番下の写真のように大勢の花見客で賑わいます。 上の案内図で「現在地」と書かれたあたりにフワフワがありました。10分300円でした。

児童スポーツランド

左写真の右側

左写真の右奥から撮った写真
児童遊園地と言っても、左写真の飛行機がクルクル回る建物くらいで、それ以外では普通の公園みたいにブランコやすべり台があるくらいです。ちなみに、左写真の飛行機の1階にはコインを入れて前後に揺れ動く遊具がたくさんあります。
大宮公園動物園は上の案内図でも分かるように児童遊園地の奥にあります。入園無料で10時から16時まで開園しています。定休日は毎週月曜日です。ここの動物園には、猿、熊、タヌキ、リス、クジャクなどがいました。

細長い池に向かう途中

細長い池のほとり

埼玉百年の森
上の図の細長い池の「ボートのりば」と書かれた「ば」のあたり。ここら辺にも露天商がいくつかありました。 池の周りにはベンチがたくさんあり、ぐるっと一周散策できます。池には大きなコイが泳いでいました。 上の図で細長い池の左にある広場。芝生広場ですが、あまり桜がないため花見客がほとんどいません。

県立歴史と民俗の博物館

護国神社

自由広場
歴史資料の展示以外にも「ゆめ体験広場」では藍染ハンカチやまが玉つくりなどの体験教室が随時受け付けしています。また、館内にはレストランがあり結構安いです。 上の図で池の右下にあります。うっそうとしていて静けさが漂っています、 上の図で自由広場の一番下から上方向を撮った写真です。ここら辺は露天商も少なく、花見客も少ないです。

白鳥池

氷川神社の門

氷川神社
大宮公園と氷川神社の入り口にある池です。 氷川神社は埼玉県内で一番有名な神社で正月には初詣客で厄除けの参拝客でにぎわいます。春は初参りが多くこの時は結婚式を挙げていました。花嫁が和装で記念写真を撮影していました。 赤ちゃんを抱いた初参りの人たちが何組もいました。

自由広場

左写真の右側
自由広場の先ほどの写真は午前中で、この写真は午後3時頃です。人の数が圧倒的に増えています。やはり花見は昼過ぎから本格的に混むのでしょう。
トップページへ