写真でみる日本国内の家族旅行情報 大内宿  2006.11月
■地域別家族旅行
■レジャー・お出かけ
■温泉旅行
■自然を楽しむ旅行
■歴史と風俗を楽しむ旅行



    


交通
福島県南会津郡下郷町大内  地図
電車
・東京〜(東北新幹線で約1時間25分)〜郡山〜(磐越西線で約1時間10分)〜会津若松〜(会津鉄道で約40分)〜湯野上温泉〜タクシー約10分
・浅草〜(東武鉄道・野岩鉄道で約3時間30分)〜会津田島〜(会津鉄道で約35分)〜湯野上温泉〜タクシー約10分

・東北自動車道白河インター、国道118号で湯野上温泉(約1時間20分)、大内宿まで約10分
・東北自動車道郡山JCT、磐越自動車道会津若松インター(JCTから約40分)下野街道(約50分)
駐車場 300円
HP 下郷町役場
電話番号 0241-69-1144(下郷町役場商工観光係)
情報  春秋の観光シーズンの土日は、大内宿へ行くまでの道がチョー混雑です。だいたいの人は、湯野上温泉のところの国道121号から入ってくる人がほとんどでしょう。そこからのたった5kmの道が、私の時は2時間近くかかりました。ひどい時は国道121号までつながるそうです。これは慢性的らしく、そのため5kmの間にトレイが何ヶ所かあるくらいでした。

 それにしても、この渋滞はほとんど動きませんでした。原因は駐車場不足です。臨時駐車場もありますが、観光客が多すぎて足りません。この道に来るのは、ほぼ大内宿目当ての観光客のため、大内宿の駐車場入り口のところで警備員が満車のため車をストップさせてしまいます。これが原因です。そのため、駐車場の手前1kmくらいから路上駐車している車が目立ちます。

 帰るときに気づいたのですが、会津若松市内につながる大内ダム経由の反対側からの道はまったく混んでいませんでした。会津若松市内から来る場合は大内ダム経由の道で行きましょう。多少峠道ですが片側1車線の道でしたから大丈夫です。
 大内宿は江戸時代の日光今市から、会津若松をつなぐ会津西街道(またの名を下野街道または南山通り)の宿場町でした。

 大内宿は、昔の宿場町がそのまま残っているといってもおかしくないくらい情緒たっぷりです。

 私自身色んな宿場町に行ったことがありますが、ここはまったくと言っていいほど近代化されていない宿場町です。

 そのため、1981年国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

 家々は昔のままで屋根は茅葺屋根が多く、街道である真ん中の道も砂利敷き、街道の両端の用水路も当時のまんまです。

 大内宿にある家は、ほとんどがお土産屋さんかそば屋などの飲食店か民宿でした。大内宿に泊まってみるのも良いと思います。




駐車場から大内宿へ

大内宿入り口あたり

ここで舗装道路から砂利道へ

真ん中の道の両端には用水路がありキレイで冷たい

宿場の突き当たりの神社前

神社を登った横がこの写真のような有名なアングル撮影場所

宿場の突き当たりから振り返る

トップページへ