写真でみる日本国内の家族旅行情報

さいたま水上公園

撮影日  2009.8.14
■地域別家族旅行
■レジャー・お出かけ
■温泉旅行
■自然を楽しむ旅行
■歴史と風俗を楽しむ旅行

    


交通アクセス
埼玉県上尾市日の出町2丁目
JR高崎線上尾駅下車。東口から、『ぐるっとくん』か『けんちゃんバス』に乗る。
国道17号を熊谷方面へ。愛宕交差点を右折し、歩道橋の信号を右折。
HP  さいたま水上公園
 財団法人埼玉県公園緑地協会の公式HP


電話番号 048-773-6711
048-773-6710(テレフォンサービス)
料金 大人 700円
小人 200円
ファミリー券は 1,600円(大人2人、小人2人入園できます)
駐車料金 普通車1日800円
 さいたま水上公園は上尾市にある埼玉県営の水上公園で、さいたま市に近くて国道17号線沿いにあり、高崎線やニューシャトルからも近く交通の便が良いプールです。そのため、埼玉県では一番人気の大型レジャープールと言えるでしょう。さいたま水上公園は森に囲まれていて、敷地内には県立スポーツ研修センターや県立武道館があります。

 駐車場は広く武道館の北側すべてが駐車場です。しかし夏の土日などは、ここの駐車場に入るために、駐車場入り口である水上公園北側のスポーツ研修センター横の道路から、北側に車の列が並び、信号の所から左に曲がって国道17号まで並ぶ時があるようです。私が行った時も土日で、とても暑い日だったため、かなり先まで並んでいましたが、私は県立スポーツ研修センターの隣に出る道から駐車場待ちの列に割り込んだので、10分くらいで駐車場に入れました。いずれにしても土日の暑い日はかなり混雑します。

 駐車場からプールの入口はプールを挟んで反対側にあるため、プールの外周をぐるっと回りこみます。プールの入口から入ると左手に更衣室があってその奥左手に売店があります。カップラーメンや飲食物がたくさん売られています。まっすぐ進むと、目の前に大きな楕円形の流水プールが横長にあります。

 入口から見て、その奥にはスライダーがあります。小学生以上だったら誰でも滑れます。このスライダーの両側横にも売店があり、飲食物が販売されています。今度は入口から見て流れるプールの右側に大きな大型変形プールがあります。ここは流水プールとその真ん中の島をすべてプールにしたくらいの面積があり、すごく広いプールです。場所によって深さが違うため、子どもの身長に合ったところで泳げます。このプールはとても広いため、混雑時でも泳ぎの練習ができないなんてことはないでしょう。

 また、私が行った時は、人が入れるくらい大きな透明な水上ボールがあり、500円で5分間そのボールの中に人が入って、プールの上で浮かびながら転がれるものがあり、子どもたちに大人気でした。

 入口から見て流水プールの左側手前には幼児用のプールがあり、キリンやアシカの滑り台がありました。幼児に大人気のプールです。幼児用のプールの隣には滝がある小型変形プールがあり、先ほどの大きな大型変形プールの3分の1くらいの大きさですが、結構広いプールで泳いだり遊んだりしている人が多くいます。

 その隣で一番奥には造波プールがあります。波の発生する奥側に行くほど少し狭くなっていくような台形の形をしています。このように、さいたま水上公園は混雑していても、とても大きい大型レジャープールのためイモ洗い状態にはならずに、首都圏でおすすめできる人気レジャープールと言えます。




さいたま水上公園案内図
駐車場はけっこう広いですが、土日はそれでも駐車場待ちの長い列になります。1日800円です。 外から見た入口の写真。左の建物が更衣室やロッカー室がある建物です。 上の図では「ロッカー室」の下の「売店」と書かれた所が、写真の江戸屋というフードコーナーです。写真左側のSHOPと書かれた売店には、サンダルやレジャーシート、日焼け止めなどが売られていました。その右側の人が並んでいるところに、飲み物や食べ物が売られています。
更衣室から見たさいたま水上公園の景色。 左写真の右側を撮った写真。 左写真に写っているシャワーの向こう側からで、更衣室方向を見た写真です。
入口からシャワーを抜けて左手 左写真の右側。流水プールに沿ってテントが並んでいました。 左写真の右側
流水プールは1周300mの楕円形で、水深1.2mです。上の図で分かる通り、さいたま水上公園の中心にあります。 子どもプールは水深40〜60cmで、写真中央奥のキリンや左のアシカなどの滑り台が人気です。 小型変形プールは水深1〜1.3mで、子どもプールでは浅すぎるという小学生連れの親子が多く感じました。また、写真奥の白い壁のようなものの上から水が流れ落ちて、滝のようになっています。
造波プールは水深最大1.6mで、上の図でも分かる通り一番奥が横幅が狭くなっています。波が始まる頃には人が多くなり、波が終わると人が減ります。どこのプールも同じですね。 スライダーの真下にある、ハワイアンフード「ウォーターキュート」というお店。飲み物やアメリカンドック、フライドポテト、フライドチキン、カレーなどが売られています。 スライダープールは高さ10mと7mの2種類のスライダーがあります。小学生以上であれば滑れます。土日は長蛇の列です。
テラスリゾートアロアロは、上の図でスライダーの左側の「レストハウス」と書かれた所にあります。飲み物やデザート類、軽食、麺類、カレーやハンバーグなどが食べられます。 大型変形プールは写真でも分かる通り、上の図の左側にある一番大きいプールです。水深0.8〜1.4mで面積が5,932uもあります。 水上ボールは、直径2mの透明のボールの中に入って水上に浮かんで、中で自由にとび跳ねたり歩いたりできるものです。大型変形プールで土日祝日とお盆期間だけ体験することができます。5分500円です。
地中海フード「アイランドキュート」という名前の売店ですが、売っているものは地中海フードとは関係なく普通の飲み物や軽食、ラーメンなどです。場所は上の図で左側に写っている一番大きいプールの右上の「売店」と書かれた所にあります。 左写真の右側にあります。リゾートエリアで一日平日で1,000円、休日で2,000円です。さいたま水上公園の指定席と言った感じです。
トップページへ