写真でみる日本国内の家族旅行情報 砂沼サンビーチ  2007.8月
■地域別家族旅行
■レジャー・お出かけ
■温泉旅行
■自然を楽しむ旅行
■歴史と風俗を楽しむ旅行



     


  
交通 茨城県下妻市長塚乙4-1  地図
つくばエクスプレス守谷駅→常総線下妻駅(約40分)
・JR常磐線取手駅→常総線下妻駅(約1時間) 
・JR水戸線下館駅→常総線下妻駅(約20分)
・JR常磐線土浦駅→関東鉄道バス下妻駅行き(約1時間)
 常総線下妻駅→タクシー利用(約10分)東武伊勢崎線越谷駅下車。

常磐自動車道 谷和原ICより、国道294号線を下妻方面へ(約40分)
・常磐自動車道 土浦北ICより、国道125号線を下妻方面へ(約40分)
・国道50号線小山方面より、地方道15号線(結城下妻線)を下妻方面へ(約30分)
・国道50号線水戸方面より、国道294号線を下妻方面へ(約30分)

HP 砂沼サンビーチ
電話番号 0296-43-6661
営業日時
開設期間 7月中旬から8月末日
開設時間 月曜日〜金曜日午前9:00〜午後5:00
     土・日曜日(お盆期間)午前8:30〜午後5:00
料金 大人1,100円、小中学生500円、3歳以上の幼児300円
駐車場470円
 砂沼サンビーチは、茨城県西部の下妻市にある砂沼広域公園内にあり、砂沼広域公園管理事務所が管理しています。

 砂沼サンビーチは、このあたりでは一番大きなレジャープールです。そのため、夏休みの暑い土日には大勢の人が訪れ、国道125号は渋滞になります。裏道をナビで探しながら行けば多少大丈夫でしょう。

 プールの敷地はだいたい円形で、その中にコンパクトにたくさんのプールがぎっしり詰まっています。だから移動がとっても楽です。

 プールの種類は、流れるプール、波のプール、子供用プール、25mプール、スライダー各種などがあります。

 ここのスライダーは30分500円で、浮き輪を借りてそれですべるシステムです。この浮き輪を借りるのに、土日だと2時間以上並んでしまいます。もうちょっと浮き輪があればいいのにって思って諦めました。

 また、砂沼サンビーチのプールは、他ではあんまり見かけない変わったプールがあります。地元にある鬼怒川の流れをイメージしたプール、霧状に水が噴出してちょっとした山があるプールや、大きな水鉄砲があるプール、ターザンロープがあるプールなど変わったプールがあります。

 更衣室や売店、トイレなど施設も充実しています。駐車場は付属のものがいっぱいになっても、まわりに民営の駐車場が何ヶ所かあり、700円くらいで使えますので満車の場合はそちらを利用しましょう。


流れるプール

水の遊園地1

水の遊園地2
入り口入ってすぐ左側にあります。ほぼ円形です。 流れるプールの真ん中の島には、水の遊園地があります。写真はシャワートンネル? ウォーターガンで戦争ごっこができます。水の勢いが強いので、ゴーグルをつけていないと前を向けません。

水の遊園地3

水の森

幼児用プール。ちっちゃな柱の先から水が出ます。 入り口入ってすぐ突き当たりにあります。小さな山がいくつかあり、木に見立てたパイプから霧が噴き出しています。まさに水の森ですね。

波のりビーチ

滝すべり

小さい滝すべり
入り口入って右手にあります。砂沼サンビーチで一番広いプールです。15分に一度波が起きます。 入り口入ってまっすぐの奥にあります。大きいほうが50mです。大きいほうは小学校中学年以上レベルかな。小さい方は小さい子でも大丈夫。

水上リフトのプール

水上リフト

お弁当はどこでもOK!
滝すべりとつながっています。左の写真でもわかるとおり、リフトのロープは反対側につながっていますが、実際は5mくらいでストップするようになっています。多分事故防止のためでしょう。反対側まで行けば楽しいのに残念。 滝すべりの下や鬼怒川下りの両岸など、どこでもみんなシートを敷いています。売店もいくつかあるので手ぶらでも大丈夫です。

鬼怒川下りのスタート地点

鬼怒川下りの途中

ウォータースライダー
地元の鬼怒川をイメージしたプールで、スタート地点は滝に見立てたプールがあります。その後は川に見立てたジグザグで長いプールです。終点にはウォータースライダーがあります。 鬼怒川下りの終点にあります。専用ゴムボートに乗って全長120mの急カーブを滑り降ります。
トップページへ