写真でみる日本国内の家族旅行情報 渋川スカイランドパーク  2006.5月
■地域別家族旅行
■レジャー・お出かけ
■温泉旅行
■自然を楽しむ旅行
■歴史と風俗を楽しむ旅行



     


 
交通
群馬県渋川市金井2843-3  地図
JR上越線 渋川駅からバスで15分
関越自動車道「渋川・伊香保I.C.」より車で約15分
HP 渋川スカイランドパーク
電話番号 0279-20-1589
営業日時

9:00〜17:00(季節により1時間前後する) 3月〜11月までは無休、12月〜2月の火曜日休園(学校冬休み中は開園、悪天候等により臨時休園あり)

料金 入園料大人500円、子ども300円(3歳から中学生まで)。スカイパス(入園料+遊具乗り放題で特設アトラクションは3回まで利用可)大人2,200円、子ども2,000円。ゴールドパス(スカイパスに特設アトラクションも乗り放題)大人3,000円、子ども2,800円。駐車場は無料。
情報 HPの入場割引券を印刷して窓口に持っていくと、5人まで入園料1割引またはスカイパス200円割引。特別セット券は伊香保グリーン牧場とスカイパスの入場券がセットになって、通常大人券3,400円のところ2,400円、小人券は通常2,800円のところ2,200円になります。
 渋川スカイランドパークは、標高460mにあり、渋川市街地からも観覧車が見えるくらい小高い場所にあります。伊香保温泉に向かう途中にあり、伊香保温泉の宿泊客や都心からの日帰り客などが多くいると思います。

 渋川スカイランドパークは、そんなに広くはなく、あんまり歩かなくても全部まわれます。今回はゴールデンウィークということもあり、すごい混みようでしたが、ディズニーランドの土日ほどではないので安心してください。

 渋川スカイランドパークは、全体的に小学校低学年くらいが楽しめる遊園地という感じです。料金は一番高いゴールドパスでも3,000円ですので、そんなに高くないですよね。お金をあんまり使いたくないファミリーは、アスレチックやふわふわドームなど無料施設で遊んで、1,000円分の回数券くらいでよいのではないでしょうか。

 実際は、ヒロスケの印象ではほとんどの人がスカイパスでした。それと、昼食は売店もありますがイスが少なく、多くのファミリーは弁当持参でアスレチックやふわふわドームあたりでシートを広げて食べていました。

 渋川スカイランドパークで意外と知られていないのが花です。6月下旬から7月初旬には白いアジサイが6,000株咲きます。他にユリやバラなどが咲きます。


渋川スカイランドパーク入り口

ボウケンジャーの撮影台

二階建てのメリーゴーランド

撮影ポイント

ふわふわドーム

遊具
遊具はまあまあ多くありました。変わったところでは4方向からのシーソーなどがありました。ふわふわドームはなかなか大きくて、たくさんのちびっ子がピョンピョン跳ねていました。
 色々な自転車
サイクルモノレール

ボウケンジャーショウ
10人くらいずつの時間制で、変わった自転車が乗れました。 この下辺りでお弁当を食べている人が多かったです。 ゴールデンウィークや春休み夏休みにキャクラクターショーをやっています。みんな場所取りが早く、我が家も始まる2時間前に場所取りをしました。

るんるん号

スカイハウス

SLのるんるん号は、眺めもよくトンネルもありました。 スカイハウスと隣のふわふわ(真ん中写真右奥)の前は行列でした。

アストロファイター

スカイスライダー

ゴーカート
操縦桿で前の機体に当たれば、前の機体は打ち落とされて下に行ってしまいます。見ず知らずの人にはやりにくいけど遠慮せずやりましょう。 空気でふくらませた大きな滑り台です。入ると小さな毛布が渡され、それをお尻に敷いて滑ります。 他より一段低いところにありました。一番人気で帰る間際の人が少なくなってから乗りました。アップダウンありで、まあまあ長いコースで二回連続乗っちゃいました。
近くの観光情報 渋川スカイランド近くの宿をリアルタイムで予約できるサイト

伊香保温泉

伊香保グリーン牧場

水沢観音

伊香保おもちゃと人形自動車博物館

竹久夢二伊香保記念館

伊香保システィーナ サンエイ&猿劇場

手作りガラス工房ハルナグラス

群馬ガラス工芸美術館

卯三郎こけし

伊香保保科美術館

日本シャンソン館

地球屋

しんとうワイナリー

渋民焼

伊香保命と性ミュージアム女神館

群馬まいたけセンター

世界の名犬牧場
トップページへ