写真でみる日本国内の家族旅行情報 塔のへつり  2006.11月
■地域別家族旅行
■レジャー・お出かけ
■温泉旅行
■自然を楽しむ旅行
■歴史と風俗を楽しむ旅行



    


交通
福島県南会津郡下郷町弥五島下タ林5319  地図
会津鉄道塔のへつり駅下車、遊歩道入口へ徒歩5分
東北自動車道西那須野塩原IC、国道400・121号(70km、2時間)
駐車場 100台(無料)
HP 下郷町役場
電話番号 0241-69-1144(下郷町商工観光課)
営業日時

見学自由

料金 無料
 塔のへつりは、南会津を流れる大川(阿賀川)が百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返した結果出来上がった見事な景勝地です。

 「へつり」とは、地元の方言で川岸が切り立った崖となっている所の事を言います。このへつりに様々なものが塔として見立てられています。例えば、鷲塔・鷹塔・獅子塔など十数個に名前があります。

 塔のへつりに行くには、川岸まで遊歩道を降りて川に架かったつり橋を渡ります。渡ったところの
岩の下には、侵食された部分を歩くことができます。

 塔のへつりは国の天然記念物に指定され、
新緑や紅葉の季節は特に見事で、たくさんの観光客が訪れます。

 南会津観光の際は、必ず行くポイントです。また、近くには湯野上温泉や大内宿もはずせない観光ポイントです。

また、国道から塔のへつりに曲がる交差点に、そば屋さんが2軒あり、そのうちの一軒に入りましたが、なかなかおいしかったですよ。お客さんでいっぱいでした。


駐車場からお土産屋さんの広場へ

遊歩道入り口

川岸へ降りていく

つり橋が見えてきた

塔のへつりへ渡るつり橋

くぼんだ所が歩けます

塔のへつりに向かって左側

塔のへつり側から見る

塔のへつりに向かって右側

塔のへつりのくぼんだ所

左の写真の奥にある虚空蔵

くぼみの上に行く遊歩道
トップページへ